先生

大腸がんの治療方法を知ろう|安全に治療できる方法

がんワクチン療法

看護師

治療

現在がんの治療法は、外科手術にて癌細胞を切除する手術療法、放射線を癌細胞に照射する放射線療法、抗がん剤による薬物療法の3つが主体です。そして最近では「がんワクチン」の注射により、がんを治療する4つ目の治療法が注目されています。がんワクチンでの治療とは、ワクチンの注射により人が本来持っている「免疫力」を最大限に高めることが目的です。体内の免疫力が高まることで、体内に存在する癌細胞を攻撃、破壊する働きを促進させることが可能なのです。人が本来持っている力を高める治療法である為、他のがん治療に比べて副作用が少ない点が大きな特徴です。また、注射するだけの治療ですので入院の必要はなく、通院で治療をすることができます。

ワクチン

がんワクチンには色々な種類がありますが、がん治療に最も効果が高いとされているのが「樹状細胞ワクチン」です。この樹状細胞ワクチンの注射による、がんの治療法を「樹状細胞療法」と言います。樹状細胞とは、がんを攻撃する働きを持つリンパ球に、がんを攻撃するよう直接指示を出す免疫細胞です。樹状細胞療法は、まずがん患者の体内にある樹状細胞を取り出し、体外で育て、ワクチンとして再度体内に注射する方法が一般的です。樹状細胞療法は、癌細胞を攻撃するリンパ球の働きを直接的に活性化できるので、他のがんの治療法に比べて、適確に癌細胞のみを攻撃できる治療法とされています。また樹状細胞療法は、患者の体内に元々存在する樹状細胞を取り出して育てる為、アレルギー反応や副作用も殆ど現れないのが特徴です。