先生

大腸がんの治療方法を知ろう|安全に治療できる方法

ステージ別の治療法

悩むレディ

症状や治療のポイント

局所進行がんとしての意味も持つ3期の乳がんの診断には、しこりの大きさが5cm以上で脇のリンパ節が腫れている・癒着して腫れている・しこりが皮膚に浸潤しているなどが挙げられています。遠隔転移はしていないけれども局所的に進行している際に3期の乳がんと診断されます。0期から3期までは、基本的に乳房と脇の他に症状が現れないのが特徴です。局所進行乳がんは、大きなしこりの場合には手術ができない場合も医療施設ではしばしばある問題点ですが、抗がん剤治療を手術前に行い、しこりを小さくしてから手術や放射線治療を行う方法も展開されています。この結果、抗がん剤の効果を知ることができ、効果がない場合には他の薬剤への変更が速やかにできる利点も挙げられています。

薬剤で決まる予後

乳がんではステージとして重度化された遠隔転移となる4期もあります。転移する場所も様々で、1ヵ所だけの転移のような場合には長期生存も期待でき、前向きな予後計画が展開できます。転移する部位には、骨や肺や肝臓、脳や軟部組織などを挙げることができ、局所的な治療と全身的な治療ががん専門の医療機関では展開されています。全身治療は副作用が少なく、効果が現れた場合の反応期間が比較的長いホルモン療法から進められるのが一般的です。しかし、ホルモン剤の効果が期待できない場合や、肝臓の多発転移などの場合には抗がん剤から治療を進めることも提案されています。別の系統の薬を選択するための指針にもなるため、薬剤の選択はこれまでの治療内容も重要となります。