先生

大腸がんの治療方法を知ろう|安全に治療できる方法

難病の腸炎とは

メンズ

ストレス

大腸炎にはウイルス性やストレス性など様々な原因がありますが、潰瘍性大腸炎は非常に特殊な疾患で難病に指定されています。潰瘍性大腸炎は腹痛や下痢など、一般的な大腸炎と同じような症状が現れます。しかし、原因は大腸の免疫反応の暴走という特徴があります。治療法自体は確立されており、発症したほとんどの方が日常生活に復帰できています。しかし、潰瘍性大腸炎の難点として再発のしやすさが挙げられます。また、再発を繰り返すことで大腸がんの発症可能性も上がるため、定期的な検診を受ける必要があります。もともとは欧米でよく見られる疾患でしたが、近年日本でも患者が急増しています。増加の原因は研究されている最中ですが、遺伝の他にストレスや生活習慣も関連していると言われています。

相談

潰瘍性大腸炎は難病のひとつですが、症状自体の緩和は難しくないため、診断されても過度の心配は不要です。一方、再発のしやすさから症状が治まったあとのケアをしっかりする必要があります。医療機関からの処方薬をしっかり服用することはもちろん、生活習慣や環境の調整も潰瘍性大腸炎の改善と再発予防に大きな効果を発揮します。生活習慣では食生活の改善がまず優先されます。食物繊維のような腸に優しい食べ物は大事ですが、全体のバランスを考えて栄養に偏りがないようにしましょう。また、ストレスも潰瘍性大腸炎の再発に繋がります。大きなストレスを日常で感じているなら、負担が減るように周囲に相談しましょう。深刻な場合は心療内科を利用する工夫も大切です。