男性

大腸がんの治療方法を知ろう|安全に治療できる方法

難病の腸炎とは

メンズ

潰瘍性大腸炎は免疫の暴走で起こる特殊な大腸炎で、難病のひとつに指定されています。しかし、治療自体は難しくありませんが、再発しやすいという特徴があるので注意しましょう。

Read More..

ステージ別の治療法

悩むレディ

局所進行がんなど、3期から4期の乳がんの場合には抗がん剤治療や放射線治療が展開されており、手術あるいは延命に繋がる治療が中心となります。また、乳がん治療では薬剤の効果が最も重要ですので覚えておくといいでしょう。

Read More..

がんワクチン療法

看護師

元来の3つのがん治療に加えて、人間の免疫力を利用した4つ目の治療法が注目を集めています。特に、樹状細胞療法は、ワクチンを注射して体内のがん細胞を攻撃するというもので、アレルギーや副作用が少ないので安心することができるでしょう。

Read More..

日本人にも多いがん

ドクターと看護師

体への負担が少ない

日本人にも増えてきているがんの一つが、大腸がんです。大腸がんの治療は、大きく3つのタイプに分けることが出来ます。それが外科療法・化学療法・放射線療法です。単独で行うよりも、いくつかのタイプを組み合わせて行なうのが一般的です。大腸がんの治療は、早期発見であれば内視鏡や腹腔鏡で取り除くことが出来ます。これまでのメスを使用した方法に比べて、回復が早いことから注目されている治療法です。内視鏡手術では、肛門から内視鏡を挿入し、腫瘍を焼き切ります。大腸がんの中でも、早期であれば、この手術でほぼ完治を目指すことが出来ます。内視鏡手術は開腹しないということもあり、体への負担が少ないというメリットのある治療法です。

状態により方法は異なる

内視鏡手術は全ての人が適用されるわけではありません。がんの大きさが小さい事や早期発見であることが求められます。がんの大きさが大きい場合、病状が進行しているという場合には、従来のメスを使用した開腹手術が適切です。どの部分にがんが出来たのかにより、手術の方法は異なりますし、その難易度にも違いがあります。直腸にがんができているという場合で、それが進行がんである場合には排泄をするための機能を出来るだけ残すということが大切になります。そのため、非常に慎重に手術を行う必要があります。なお、手術をすることが出来ないという場合には、放射線治療や抗がん剤を用いた化学療法が行われます。がんの再発防止や延命を目的として行われることが多いようです。

Recommend Link

  • 大腸がんの基本ガイド

    死因の中でも上位に位置している大腸がんの治療は早期発見がカギです。こちらで効果的な治療方法について確認してみましょう。